風邪ひいた

f0235333_13445638.jpg

岩手県盛岡市

昨日、39.5度の熱がでた。
午前中に当番医の病院に行ってきた。
インフルエンザではなかった。
これが被災地で起こったらゾッとする。
物資も医療支援も大事だ。

17日、オーストラリアに鯨が30匹打ち上げられたそうだ。
静岡で地震雲が目撃されたようだ。
姉家族がすんでるので不安だ。
なにかの前兆か。こわい。
静岡には浜岡原発があるしこわい。
ぼくが愛読してる書にこうかいてある。

「この緊急事態が終息にむかいはじめたとき、きっと原発というものについても、あらたな議論がはじまるにちがいない。だけど原発を選んだのは電力会社であり、政治家であり、かつぼくたちだってことをわすれちゃだめだ。人の言葉やふるまいのあげあしをとったり、責任の所在をについて言う前に、自分自身のこれまでについて考えることがきっと大切」

「ふつうを」
これは日本人一人一人の言葉。希望のようにみえて、それはときに絶望として襲いかかっても来る。
そういう覚悟の言葉 あたらしい「ふつうを」
[PR]
by gingnang0922 | 2011-03-21 13:48 | 岩手県盛岡市 | Comments(2)
Commented by シャロン at 2011-03-21 23:58 x
はじめまして!
オーストラリアの鯨、地震雲、心配ですね。
悲惨な状況の中で助け合ってがんばっておられる東北の方々には頭が下がります、頑張ってください。
琵琶湖のほとりに住む私たちには義援金や節電くらいしかできませんが応援しています!!
Commented by gingnang0922 at 2011-03-22 01:40
シャロンさん

オーストラリアの鯨にしろ、地震雲にしろ確実なリソースではありません。
ただ、スマトラ、ニュージーランド、今回の東北関東大震災を考えると不安になります。とにかく不安なんです。
東海地方は、約150年周期でマグニチュード8レベルの地震が起きています。なので、いつ東海地方に地震が起きてもおかしくありません。浜岡原発の地盤は非常に悪いです。
国の国策で、各電力会社は原発を持たなければなりません。しかも、人口減少が目に見えてるのに現在も11基の原発をつくろうとしています。もう、なにがなんだかわかりません。

今するべき事は、津波で被災に合った方への物資・医療・住宅・精神面のケア等を迅速に行うことだと僕は思いまいます。毎日、千人単位の遺体がみつかりとてつもない惨状です。知人の話だと遺体が木の上にあったりするそうです。
義援金も、被災者が欲しいものを配れるようにお金を使ってほしい。ぼくはボランティアか義援金くらいしかできません。

長文となりましたがこれからもよろしくおねがいします。
<< 岡山からの助っ人 支援物資受付中「SAVE IW... >>