永福寺 盛岡城奇門鎮護の祈願寺

f0235333_21412549.jpg

f0235333_21415481.jpg

岩手県盛岡市 永福寺

永福寺は山号を宝珠盛岡山といい、真言宗の寺院です。創建は延暦十三年(七九四)、坂上田村麻呂によって奥州六観音の一つとして建立された十一面観音堂に始まります。南部氏の時代になってからは、三戸時代・盛岡時代をとおして南部氏の祈願寺として、篤く信仰されてきました。
南部氏が居城を盛岡に移したことに伴い、永福寺は元和三年(一六一七)に盛岡城の鬼門鎮護の祈願寺として現在地(盛岡市山岸)に建立されました。とのことです。
南部藩での大きな存在だったみたいですね。

盛岡の名は、1691年に、時の藩主南部重信と、盛岡城鬼門鎮護の真言宗豊山派永福寺第42世・清珊法印との間で交わされた連歌に由来する瑞祥地名である。「盛り上がり栄える岡」の意味を持つとされ、のちに藩名も「南部」から「盛岡」へと改められた。
盛岡発祥の寺ですな。
盛り上がれー、栄えろー、おかー!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
[PR]
by gingnang0922 | 2011-11-06 21:50 | 岩手県盛岡市 | Comments(0)
<< 橋龍 ねぎラーメン 大日如来の想いで >>